PREV| HOME | NEXT

≫ EDIT

静寂なる空間


GR DIGITAL III f4 -0.3 ISO64 JPEG 3:2 Photoshop CS4:モノクロ変換
[撮影地]滋賀県・西明寺



GR DIGITAL III f4 -0.3 ISO64 JPEG 3:2 Photoshop CS4:モノクロ変換
[撮影地]滋賀県・西明寺

忙しい毎日だからこそ、静かな空間に身を置くべきだ。

静かに心と向き合える時間を過ごすことが、人間にとって大切だと思う。

| 寺社仏閣 | 14:53 | コメント:6 | TB:0 | TOP↑

この記事へのコメント

こんにちは
ホッと心落ち着く写真ですね。歳とると賑やかな都会よりも、神社仏閣に足が向きます。別に信仰心がある訳でも無いのですが、しらない間にという感じです。。

| tak+ | 2010/03/21 17:46 | URL | ≫ EDIT

私も同感です。
風の音、水の音などの自然が奏でる音は耳に心地良いです。
そういった音を楽しむには、静かな場所でしかないですから。

特定の信者ではありませんが、私もお寺や神社は心落ち着く場所として、
訪れる回数が最近増えております。
ですが、歳をとったからとは認めたくありませんね(笑)

| atu-hira | 2010/03/21 21:10 | URL | ≫ EDIT

本当、お寺は落ち着きますね。

建物が自然と調和して、時間もゆったりと流れている感じが写真からも感じられる素晴らしい作品だと思います。

私もお寺に行って心を休めなければ^^;

| TOYO | 2010/03/22 23:34 | URL | ≫ EDIT

仰る通りです。
心が疲れた時に、仏像のお顔を拝んでいると、本当に心が洗われた感じがします。
心の浄化と言うんでしょうか?

信仰心は大事だと思いました。

| atu-hira | 2010/03/23 18:27 | URL | ≫ EDIT

構図がいいですね。
モノクロのトーンも上品です。
今まで何度もatu-hiraさんの写真からは木の匂いが伝わってくるとコメントしておりますが、
また同じことを言わせてください(笑)。
とくに1枚目の写真・・・濡れ縁の懐かしい匂いがします。
この春、ついに取り壊されることになった築130年の母の実家を憶い出しました。
といっても、祖父母が亡くなって以来、私はとうとう30年、そこを訪れず終いになってしまったのですが・・・(苦笑)。
そう思うと、100年という時の流れも、儚いものですね・・・。

| kimura | 2010/03/24 22:08 | URL | ≫ EDIT

築130年ですか?立派な建物だったんでしょうね。
130年の思い出と共に土に還る。浪漫ですね。

そう思うと、人間の一生というのも何故か儚いものになってきます。
精一杯生きなきゃ・・。

| atu-hira | 2010/03/26 21:36 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://atuhira.blog33.fc2.com/tb.php/547-0b109bc4

TRACKBACK

PREV | HOME | NEXT