PREV| HOME | NEXT

≫ EDIT

希望への扉


iPhone 3G/Application[TiltShiftGen+ColorSplash]
[撮影地]愛知県弥富市・海南病院

| 街角散歩写真 | 17:22 | コメント:6 | TB:0 | TOP↑

この記事へのコメント

失礼!
うちへのコメントの流れで、一人笑ってしまいました(^O^;)

EXIT → 楽園への扉 (‐^▽^‐)

強烈な潜在意識の為せるわざ!
これぞ誠の「心象写真」ならぬ「心証写真」(爆)

| puchi | 2009/10/04 19:41 | URL | ≫ EDIT

分かりました?
私の願望です(笑)

早くこの状況から抜け出したいです。

| atu-hira | 2009/10/04 21:39 | URL | ≫ EDIT

今となっては、また違った意味で強烈に心に残る写真となりました。

この写真を投稿された時点では既に覚悟をされていたのでしょうか?
それは私の思い過ごしかも知れませんが・・・。

心を写真に表現する、私もこんな写真が撮れたらいいな!
撮ってみたいな! 
写真って素晴らしい・・・つくづくそう思いました。

お父様のご冥福を切にお祈り申し上げます。

| puchi | 2009/10/11 17:26 | URL | ≫ EDIT

ありがとうございます。
1年前から肺ガンで、入退院を繰り返していたのである程度は覚悟はしていましたが、喪失感は耐え難いです。
ですが、時間が解決してくれるでしょう。

| atu-hira | 2009/10/12 14:59 | URL | ≫ EDIT

ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申しあげます。

atu-hiraさんの最近の写真、私にはなにかとても重苦しく感じられ
ついコメントできずにいたのですが・・・そういう訳だったんですね。

私も4年前に母の再婚相手である父を、今年の2月には妻の父を亡くし、
これまで3人の父を見送ってきました(実父は5歳のときに亡くしてます)。
父の存在感というのは年齢を重ねるごとに大きくなっていくように感じられます。
なのでatu-hiraさんの喪失感と辛さは計り知れないものと思われますが・・・
どうか一日も早く、ご自分の生活を取り戻してください。

| kimura | 2009/10/13 05:58 | URL | ≫ EDIT

>kimuraさん
お気遣いありがとうございます。
今は比較的落ち着いてきています。まだ色々こなさなければならない事柄が多いので、悲しんでいる時間は無いです。
が、黄昏時や夜は悲しみが湧き出てきます。

気がつけば、親を失う歳になったのですが、何一つ親孝行をしていなかった自分に対しての憤りを感じます。
木村さんもご苦労されていますね。
自分の生活に戻るのはもう少し先になるかもしれませんが、
いつまでも落ち込んでいるわけにはいかないので・・。

| atu-hira | 2009/10/13 06:22 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://atuhira.blog33.fc2.com/tb.php/442-4043ef50

TRACKBACK

PREV | HOME | NEXT