| HOME |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

虹の橋

虹の橋

 天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。

この地上にいる誰かと愛しあっていた動物たちは、
死ぬと『虹の橋』へ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
たっぷりの食べ物と水、そして日の光に恵まれ、
彼らは暖かく快適に過ごしているのです。


病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。まるで過ぎた日の夢のように。

みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさを感じているのです。

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに小刻みに震えはじめます。

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。
幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する動物を優しく愛撫します。

そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日たりとも消えたことのなかったその瞳を。

 それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです。

転記先「虹の橋」


ブッチ 享年18才(2006.12.13PM5:00没)撮影日;2004.4.25

ブッチの写真をプリントしました。
A4でプリントしたものは自室に貼り、L判にプリントしたものは手帳のポケットへ。
これでいつでも会える。
スポンサーサイト

| 未分類 | 20:04 | コメント:2 | TB:0 | TOP↑

≫ EDIT

永眠

12.9の記事で我が家の老犬ブッチのことを書きましたが、本日12月13日午後5時永眠しました。

ここ数日、残業もせず定時で会社から帰っていましたが、どんなに急いでも帰宅は午後6時頃になってしまいます。
結局死に目には会えませんでした。

眠るように静かに逝ったと、最後を看取った家族の話。
それを聞いて素直に良かったな、と思いました。

今朝の出勤時には何かを悟ったのか、車まで行っておきながら、また家内に引き返し、数回頭を撫でていた自分がいた。

18年間本当にありがとう。そしてお疲れ様。
天国でもきっと元気に走り回っているだろうね。

コメントを残してくれた方、本当にありがとうございました。

| 未分類 | 18:40 | コメント:5 | TB:0 | TOP↑

≫ EDIT

ありがとう

我が家に来てからもう今年で18年。
長いようであっと言う間だったね。
いつも家に帰ると、とびっきりの笑顔で迎えくれたね。
色々な事があったね。

家を飛び出して行方不明になったときもあったね。
雷が鳴って大騒ぎになったこともあったね。
散歩がご飯よりも好きだったね。

でももうお別れだね。
本当に長い間、ありがとう。
そしてお疲れ様。

もういいんだよ。



≫ この記事の続きを読む

| 未分類 | 20:38 | コメント:7 | TB:0 | TOP↑

| HOME |